冬至かぼちゃ

12月23日(土)雪

昨日は冬至でしたが、かぼちゃを食べましたか?

昔は現代に比べて食材の保存技術が発達していなかったため、保存性が高いかぼちゃは旬の時期以外にも食べることができる貴重な緑黄色野菜でした。かぼちゃを食べて栄養をつけ、風邪を予防するという考えから冬至に食べる習慣が生まれたそうです。

かぼちゃの栄養価の高さは野菜のなかで群を抜いていて、特に3つの抗酸化ビタミンA・C・Eと、食物繊維、β-カロテンなどがバランスよく含まれているのが特徴です。

蒸してそのまま食べても美味しいし、和食にも洋食にもスイーツにも合いますね。美味しくて、栄養価が高く、安いという、三拍子揃った優秀な食材ですね。

私は秋に買った芽室産の小豆で粒あんを作って、坊っちゃんかぼちゃと可愛らしいプッチーニかぼちゃで白玉ぜんざいを作りました。

コロナの自粛期間中は、料理やお菓子作りをしながら分子栄養学を学んでいましたが、3年かけて体重がゆっくり10kg落ちました。

外出自粛はかなりのストレスでしたが、あの自粛期間は自分にとって必要な時間だったと思えるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました