アフターコロナ

4月4日(木)曇り

コロナの後遺症が今になって出ていることを感じます。日本で感染拡大したのは2020年の札幌雪まつりでした。それから緊急事態宣言が出て、外出自粛やソーシャルディスタンスといった動きになりましたね。あれから、もう4年です。

自然の中で過ごすのが日常だったのに、遠出をする機会は減り、近くの里山でひっそり過ごすようになりました。自分の免疫力を高めることに注力し、まともにしていなかった料理もするようになりました。そのおかげで健康的に減量できたので、これは良かったと思います。

ほとんど読まなかった新聞を読み始め、それから少しずつ本を読むことに慣れてきました。自分の中に情報を取り込む「インプット」が多かったと思います。

それまではブログやSNSでアウトプットすることを日常的にやっていたのに、それをしなかった期間が長すぎて、比較的好きだった自分の思いを言葉にすることができなくなりました。アウトプットレベルなのか、情熱なのか、何かが急激に落ちていることを感じるのです。質を気にするようになったのかもしれません。

こうして毎日メッセージを書くことは自分自身のリハビリなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました