一歩進んで、二歩下がる

6月2日(日)晴れ

振込期限ギリギリまで悩みましたが、7月13日、14日の「えべつやきもの市」の入金を済ませました。

3週間前に五郎さんちに設置した灯油窯にはブルーシートが掛けられたままで、屋根と壁の増築工事はストップしています。

設置してみて分かったことが沢山ありました。

事前に取説を見て確保していた寸法よりも余分にスペースが必要で、しかも木造の建物の増築なので、相当な防火対策も考えなければなりません。当初考えていたものから大幅な設計変更が必要になりました。

増築工事をやめて、単管小屋を建てるのが早くて安くて安全と思ったのですが、これにはオーナーの五郎さんは難色を示しました。

ダメとは言わないけれど、明らかに嫌がってるのです。将来、私に五郎さんちのバトンを渡すこともためらっているようでした。

ここで再スタートをしたかったのですが、こんな気持ちでは始められないので、私が退くことにしました。

今、必死で移設先を探しています。

理想的な物件があっても貸して(売って)もらえるかは分からないし、持ち主を探し、交渉をするにも時間がかかります。

一歩進んで、二歩下がりました。

今後の焼成予定が分からなくなったので、やきもの市の出展をキャンセルすることも考えましたが、これまでも自分の窯を持たずにやってきています。レンタル窯という手もあるので、そこは何とかなると思います。

また引っ越しするのは大変だけど、今までグダグダして、具体的な行動を起こしてこなかったのです。去年までは続けるかどうかも怪しかったのに、ここまで行動できたのが良かったです。

まぁまぁしんどいけど、それは五郎さんも同じです。これまで私のワガママを聞いてくれて、力になってくれました。感謝しかありません。

私は人に恵まれていて、いつも周りの人が助けてくれました。

人は一人では生きていけないけれど、どの道を進んでいくかは自分で決めなければなりません。

道ができるか、ふさがるかは一瞬です。

自分はどうありたいか。
なぜそうしたいのか。

物事は全て自分が思ったように引き寄せるものなのです。

私は何かを極めて、一つのことに没頭してきたワケではありませんが、好きなことは細く長く続けてきました。

半開きの引き出しばかりですが、これが私の個性であり、武器なのだと割り切るようになりました。

陶芸歴18年、登山歴15年。
50歳にしてやっと自分の窯を持つことを決意しました。
山と自然が大好きです。楽しくて、ワクワクすること、皆の体温を1℃上げて、地球の温度を1℃下げる活動をしていきたいです。

フォローしてね
LINE公式だより

コメント